サービス

いい製品、いいサービスだと実感いただく。それが「信頼に応える」ということだと思う。

サービス Y.M.
2007年入社 サポートエンジニア プロダクト事業本部 SMB・クラウド部 サービス課
(文教大学 情報学部 情報システム学科 卒)

プロフィール ● 技術開発事業部で製品開発を担当したのち、その経験を生かして製品やサービスの品質向上に取り組むサービス部門へ異動。「疑問に思ったら、まずは自分で調べる」がモットーという彼女は、製品知識やネットワーク知識を積極的に習得してサポート業務に反映している。「いい製品、いいサービスをお客様に届けたい」という想いを実践する業務姿勢に、社内の評価はもちろん、多くのお客様からも感謝の声が寄せられている。

入社の動機

自社製品を開発しているIT企業のなかでいちばんアットホームで、働きやすさを感じた。

大学で情報システムを勉強していたことから、就職はIT系、なかでも自社製品を開発している企業を志望していました。というのも、私も“自分たちの想いを込めた製品”というものを開発してみたいと思ったからです。

そのなかでネオジャパンを選んだ理由は、ほかの会社とは比べ物にならないほどに社内がアットホームで、働きやすさを感じたからでした。実際、入社してみても、メンバーの誕生日にケーキを買ってきてみんなでお祝いするなど、いつもあたたかい雰囲気です。それもこれもチームワークを重視し、みんなが自然と協力しあう風土が根づいているからだと思います。

打ち合わせの風景

現在の仕事とやりがい

問い合わせ内容を慎重に、真摯に聞くこと。そこから問題解決の糸口が見えてくる。

仕事風景写真

現在は、desknet'sクラウドを中心に、サーバーの点検や保守などのホスティングのサポートを担当しています。当社のホスティングサービスは、お客様の業務を支えるビジネス基盤としてお使いいただくことが多いので、より使いやすく、便利なサービスが提供できるように安定化と最適化に向けて全力で取り組んでいます。

それでもサーバーダウンなど予期せぬトラブルが発生することがあります。お客様にとっては「動くことが当たり前」なので、自分の知識や経験をフル回転させ、迅速に解決にあたります。この時に肝心なのが、お客様の問い合わせ内容を慎重に、真摯に聞くこと。曖昧な知識で判断するよりも、お客様の声の方が問題解決の糸口を与えてくれるからです。その結果、原因を突き止め、無事問題を解決したときは、ホッとした気持ちと同時に「やった!」という達成感が得られます。

今後の夢・目標

今後の夢・目標

ユーザーが満足する障害のないサービス運用を実現したい。

どんな事態にも冷静に判断し、的確な指示が出せるチームリーダーの役割を担えるようになることが、今の目標です。そのためにも上司の業務を参考にしながら必要とされる知識やスキルを身につけながら、サポート経験を積み重ねていきたいと考えています。

とくに最近、新規のお客様が激増しています。そんな時だからこそ、お客様にとって安全で安心できる最適なサービスを提供することをしっかりと心に刻み、安定稼動するサーバーを運用していきたいと思っています。

とある1日

  • 出社。各部署から寄せられている業務リクエストを確認
  • desknet'sクラウドの本格導入が決まった5社のお客様向けに利用環境を構築
  • 社内で同僚とランチ。今日の昼食は早起きしてつくったお手製弁当
  • 朝確認した業務リクエストをこなしながら、お客様から届いたお問い合わせメールの回答を返信
  • 3件の最新製品アップデートを実施
  • 管理サーバーの安定稼動プロジェクトミーティングを実施
  • 部内で作成した新しい運用プログラムを検証
  • 1日の業務終了。チームの後輩と横浜中華街で夕食!
仲間の声
H.N.

チームの
ムードメーカーです!

H.N.
2010年入社
プロダクト事業本部
SMB・クラウド部 サービス課

責任感が強く、きっちり仕事をこなしていくタイプの人で、後輩である私たちへの指導も細かく、ていねいで、本当に助かっています。また、チームの誰とも分け隔てなく会話をしてくれるおかげで、職場のムードはいつも明るい雰囲気に包まれています!

仲間の声
N.N.

面倒見のいい、
尊敬できる先輩です。

N.N.
2012年入社
プロダクト事業本部
SMB・クラウド部 サービス課

自らの仕事には厳しく、後輩には気づかいを忘れない――そんな尊敬できる先輩で、私も困ったときはいつも頼りっぱなしです。プライベートでは吹奏楽サークルに所属していて、コンサートを観に行くと、いつも僕の子どもをかわいがってくれます。また、社内では日本酒愛好家として有名です。

他の職種の人を見る